横寝スタイル🄬はワタボシの登録商標

睡眠の質を決めるのは
「最初の90分」
OECDの調査によると2018年に日本は世界で一番眠らない国になりました。
睡眠には深い睡眠のノンレム睡眠、浅い睡眠のレム睡眠があり、4~5回ほど繰り返されて朝を迎えます。
最初のノンレム睡眠は一番深く、「約90分」続きます。
本来は6時間以上眠ることが最適ではありますが、睡眠時間を十分に確保できない人は最初の90分のノンレム睡眠を深くすることで
睡眠サイクルの質を上げることができます。
黄金の90分を生み出し睡眠の質を向上しましょう。

眠りの質を決めるのに重要な役割をしているのがノンレム睡眠で,5段階ある眠りの深さ
就寝より一回目が一番深く2回目以降は徐々に浅くなっていく
そこで第一回目のノンレム睡眠に注目(黄金の90分)

睡眠の質の向上を妨げる要因として挙げられるのが
いびき無呼吸・腰痛・寝つきが悪い・寝付けない・・・・不眠

眠りと呼吸の関係で言えば
●吐く息が長くなるほど睡眠は深くなる
●交感神経と副交感神経が関係していて寝付く時の神経は副交感神経優位とされている
●副交感神経優位にするために吐く息を長くする

その為、横向き寝をして肺を丸く保ち口を閉じて鼻で呼吸をする
(胸を張って寝る姿勢の仰向き寝では吐く息が少なく副交感神経優位になりにくい)
いびきも睡眠の質向上を妨げる要因
眠りと共に体の筋肉が弛緩して、舌根がのどの奥に落ちて軌道を塞ぐ

閉塞型睡眠時無呼吸障害と体位の影響
秋田大学医学部耳鼻咽喉科教室(板坂芳明他)論文によると
側臥位(横向き)においては、仰臥位(仰向き)に比較して浅い眠りが少なく、深睡眠及びREM睡眠が多い傾向が見られた。

●横向き寝の欠点は上向きと横向きで寝た時に掛かる体重の圧力
上向きに比べて横向き寝は体重を支える面積が少ない為、肩や腰に圧力がかかり自然と寝返りを打って仰向きの姿勢になってしまう。

寝返りと言う行為もレム睡眠(体の眠り)には重要である
眠りの周期は90分でワンセットと言われ、眠りの質を決めるのに寝初めの90分が最重要と思われる

体重分布

全ての時間を側臥位で過ごすことは難しく、一日に20回程度の寝返りは体の眠りREM睡眠には必要なので、睡眠の質向上のポイントは睡眠のゴールデンタイムと言われる最初の90分(第一回目のノンレム睡眠)にあると考える。
寝初めに起こる第一回目のノンレム睡眠NREMは睡眠深度が一番深く、ここでの深度が睡眠の質となる為、いかに寝初めの90分に横を向けるかがカギ

●日本の寝具環境
日本の寝具環境はヨーロッパの横向き文化に比べまだまだ遅れていて理にかなっていない。
枕一つとってみても、上を向いて頭を乗せる事しか考えていないと思われるものがほとんどで、実際に横を向いて眠ることを考えて作られている寝具は日本には圧倒的に少ない。
簡単に横向き寝が睡眠の質向上につながるとか、いびき軽減に繋がると言っても実際に横を向いて寝る寝具を選べない環境では改善は難しい

なぜ横向き寝を進めるのか?
40歳から低下する筋肉量が体を支える敷寝具の沈み込みと硬さに耐え切れず、
寝ている間に痛みやしびれが起こるのではないか?
また、筋肉が弛緩することで起こる、いびき無呼吸症候群は生活習慣病を助長し睡眠の質など気になる人からの相談が多い。
これらは横を向いて寝ることで軽減できる事が証明され、吐く息が長くなることで副交感神経優位となり寝つきが悪い人にも効果的で、睡眠の質向上に効果があると思われる。
問題は横を向いて寝ると言う考えに基づいた理論と、対応した寝具の組み合わせが不十分であること。
加齢と共に寝ている間に「首肩コリ腰痛・いびき・手のしびれ」など悩ましい症状が起きるのは何故か?
以下の文献より加齢による筋肉量の変化と寝姿勢が重要なポイントと考え、横寝スタイルを提唱します。

参考文献
「睡眠時無呼吸 に対する睡眠体位,肥 満の影響」秋田大学医学部耳鼻咽喉科2) 中通総合病院耳鼻咽喉科 「姿勢と人体の有効対流面積率に関する研究」株式会社くろがね工作所ꢀ 京都府立大学大学院人間環境科学研究科名古屋工業大学大学院都市2 循環システム工学専攻 「日本人筋肉量の加齢による特徴」「身体計測の方法」望月弘彦 相模女子大学

製品

特許オーダーメイド枕Ver7

2009年特許取得から横寝対応にバージョンアップしたワイドサイズVer7。両サイドの横寝部分を従来の1.25倍に面積を広げ、更にサイドマチを高くすることで横向き寝に対応。グッと横寝部分を肩の隙間に入れると横寝がピタッと決まる。仰向けの首後頭部、横向きの両サイドの部分的な高さをほんの少し微調整する事で寝心地を変えることが出来ます
お電話でご予約ごご来店→カウンセリングと測定→3営業日後に再来店頂き微調整してお渡しします。                                   画像をクリック                        

メイドイン浜松 発売より3700名以上の方に作製

ワイドサイズ43×70㎝ 価格30,800円税込み(2年間調整無料)

2019年完成オリジナル抱き枕

創業より培った独自の布団の仕立て技術を応用して完成させたオリジナル商品。生地の縫製から、綿わた100%を使った仕立てまですべてがハンドメイド。こだわったのは、横になった時に足の大腿部を乗せる部分で、重たい足をしっかり支える硬さと厚さで、横向きの寝姿勢をキープします。これを開発したことで誰でも簡単に横向き寝が出来る様になりました。一つ一つ丁寧に手作りをしていますので在庫状況をご確認ください。

メイドイン浜松

涙型のラウンド43×120㎝ 価格13,200円税込み

ウッドスプリングベッドシステム

横寝スタイルのキモ、体の全体重を支えるベッド&マット。体の凹凸や曲線、寝返り全ての要素に対応できるベッドシステム。横寝文化を持つヨーロッパのオーストリアザルツブルクの製造工場を見学し販売を開始。今までにない考え方のナチュラルで理にかなったベッドシステムが横寝スタイルの寝姿勢を支えます。従来のコイルを使わないメタルフリー

なぜ?横を向いて寝ると肩が痛くなったり腕がしびれたりするのか?          画像をクリック
このベッドシステムに横になっていただければ答えを実感できます。

ラテックスマット

天然ラテックスゴムのみを使用したクッション性と抜群の耐久性を兼ね備えたマット。柔らかすぎず絶妙な反発力でしっかり沈み肩腰の凹凸にフィット、下になった肩や腰に力を入れて寝ることが無くなるので、しびれたり痛みを軽減。
今までの敷布団のあなたの常識を180度変える寝心地を実感ください。

100%天然素材                                  

アクセス

  • 住所 静岡県浜松市中区葵東2-11-12
  • ☎053-437-2727
  • 毎週水曜日・第三火曜日定休
  • 営業時間9:30~18:00
  • ■浜松駅バスターミナル乗車
    遠州鉄道バス15番線停留所より乗車
    追分バス停下車 徒歩5分
    ■東名浜松西インターより車で約15分
    三方原スマートインターより車で約10分